病気と癒し。。。

今朝、ふと手に取った本に書かれていたこと、

ヒーリング(癒し)とは恐れ(Fear)からの解放。

そうだな〜、とは思ったが、これについては、またいつか、思い立ったら書きます。この一文で、誰かの(私を含めて)大きな気づきになれば、と思い、書き記しておきます。


私は現在、カナダ在住で、ヒーリングのこと、alternative medicineなど、こちらでたくさん学ぶ機会を得ました。

こちらの人でも、この考えに、え?という人もたまにいますが、こういう分野に関わっていると、よく聞くのは、Disease(病気)、は、Dis-Easeである、ということ。

Easeというのは、Weblioから拝借すると、

”(仕事などを休んでの体の)楽、安楽、(心配事・悩みのない)気楽、安心、(生活の)安楽、(態度・様子などの)気軽さ、ゆったりしていること、困難のないこと、容易さ、平易”

とあります。

なので、Diseaseは病気ではない。病気とは訳さない(笑)!

そして、私たち人間の体は本当に素晴らしく、self repair mechanism(自己治癒能力)を持っています。そして恒常性もあるため、身体はそれが働くようなっている。Easeでいる状態が普通の状態なのだけれども、この状態から強烈に離れた時、そして無視し続けると、身体は強制的に休めのサインを出したり、何らかの形で、いよいよ自分の身体に関心を持つように向かわざるを得ないような体験が起きる。

身近な例えで言うならば、

言いたいことがあるけど、なかなか言えない場合に、常に喉の辺りが引っかかったような感覚があったり、喉の痛みや首の痛みとして現れる。

考えすぎて、頭が痛くなる。

緊張しすぎて、浅い呼吸になる。

働きすぎて、アドレナリン使いまくりで、いよいよ、副腎機能に障害がでる。


身体は実は実際に症状が出る前に、きいて、きいて〜、のサインを出しています。なので、そこに気づいて、ケアをしてあげると、Dis-easeの状態にならずにすむ。自分の身体を観ること、自分の声を聴くこと。そして、実践、実行すること。


一人一人は、それぞれの旅があるから何も強制することはできないけれども、ここを通して、Diseaseな状態からEaseな状態に持っていく、素早く持って行く、そして、私と縁があって出会う方々個々が、最高の人生を送ることができるお手伝いをできれば、と思っています。


そして、私は特にどのような方をサポートしたいのか。

これについては、特に、女性の方をサポートします。30代後半から50代の方、そして、彼女らは、数十年経った後もキラキラ、ワクワク、笑顔、足腰、身体元気〜、でいることを、人生の重要事項としており、また、自然との繋がりも大切にして、すでにシンプルな生き方へとシフトしていて、自分、最高〜!と言える自分創りをしていくことに決めた〜!と言う方を熱烈にしています(今は!)❤️


で、どういうことをしているのか。

ホリスティックヘルスコンサルテーション、ボディワーク、エネルギーワーク、ホリスティックRaw Foodクラスを行なっています。少しずつアップデート中ですが、こちらより内容をご覧になることができます。

http://bodymindsoulbliss.com/ja/work-with-me/

質問、セッションのご予約はこちらまで。

http://bodymindsoulbliss.com/ja/contact/


また、年に数回、Goddess Retreatもあるので、そちらにも遊びに来てね♪

Goddess Retreatのお知らせ希望の方はこちらへ登録を♪

http://eepurl.com/bTnQYz

2017年7月、女性のためのセドナリトリートのお知らせを希望の方はこちらへ登録を♪

http://eepurl.com/csteD9


今日も最幸、ミラクル、マジックを体験〜❤️

いつもありがとうございます。

Love,

Sono








❤️

I love myself. I am in love with myself. I am Grateful for this beautiful life. ありのままの自分で、愛と喜びの分かちあいを表現 穏やかに、そして、”なんかいい感じ♪”、を生きる日々の実践 カナダ、ブリティッシュコロンビア州、ビクトリアよりラブレター💌発信中

0コメント

  • 1000 / 1000