About

Sono Sugimoto

カナダ・バンクーバー在住 

ヒーラー・ヨギ・ホリスティックヘルスエデュケーター


日本在住時は総合診療内科、老年内科・リハビリテーション科医として勤務した経験あり。

医学生時代にホメオパシーに出会い、治療、治癒=薬と思っていたことから、

レメディで癒えるというコンセプトに衝撃を受ける。

その後も同じく医学生の頃、アーユルベーダにも出会った。

ただ、当時はコンセプトが難しいと感じ、学びたい思いはありながらも、頭の片隅に置いておくだけになった。

西洋医学が身近にある中で育った環境のため、それを学べば健康になる、健康をサポートできる、

と思っていた私。

予想外の形で健康になるためには「他にも方法がある」

という概念も入ってきたことで、「根本治療」とはどういうことなのか、

自然療法とはどんなものなのか、興味がどんどん膨らんでいった。

私自身が薬の副作用を経験したこともあり、

「身体に優しい」を大切にする決意が強まっていた。

そして自然界と関わる療法は、それであり、魅力的であった。

自身では、フラワーエッセンスを使い始め、研究し始めた。

ただし、当時は恐れと鈍感さの中で生きていたこともあり、

その効果は全くと言っていいほど感じることはできなかった。


そんな中、体調を崩し、うつ状態にまで陥った医師時代。

「1回きりの人生、このままでいいのか」、自分と向き合った末、

幼少期からの夢であった“英語を学びたい!”、“海外で暮らしたい”を叶えるために、カナダへ。

ただし、これに関してもこの過程は必然であり、後に見ていただいたホロスコープにより、

海外に住む運命にあったことを知ることとなった。


カナダでも医師の道を目指した。その資格を取るために猛勉強もしていた。そんな中、再び体調が悪化。

本格的に自身の健康状態と向き合うため、ボディワークやエネルギーワークを学び始める。

必然だったのであろうが、そんな中、偶然とも思えるような導きで、

オーガニックやローフード、ジュースクレンズなど、自然食を学び始めることとなった。

ここで人生で初めて、食事を作ること、クリエイティブに生きることの楽しさを知り、ビーガンカフェで働き始める。

その頃の私は、「自分にあった食事療法を(さえ)していれば、健康になるであろう」であった。

そして、それは違う、ということを思い知らされた。

そこから、瞑想やマインドの仕組み・潜在意識についても学びを深め、

コアの部分からの変化・変容を体験していった。


振り返ると、西洋医学の学びはあらゆる“医学”を学び、知るための、

一つの過程にしかすぎなかったことを実感している。

また、「平和」を意識して過ごしていた時期にアシュラム(お寺のような場所)に導かれた。

そこから、ヨガ(Classical Hatha Yoga)の学びが始まり、ティーチャートレーニングを卒業、

今ではヨガも教えている。


オンラインを通じて縁ある世界中の人々にワークショップやセッションを通して、

個々が自然と調和し、自然治癒力・再生力を発揮して、

愛、感謝、喜び、平和の中で生きるサポートを行なっている。

そして、人と自然、人と人を繋ぐ役割も担っている。



各種資格


イシリス33メソッド®︎ティーチャー(潜在意識の修復と変換)

イシリス温熱パック®︎セラピスト

認定シヴァナンダヨガティーチャー (RYT200)

Wisdom of the Earth認定メディシナルアロマセラピスト