相思相愛になる、なれない、ならない

こんにちは。

潜在意識の修復と変換のイシリス33メソッド®︎を(も)教えております、ヒーラー、ホリスティックセラピストのSonoです。


さて、

あなたは瞑想を行なっていますか?行なっている方は、成果は見られていますか?瞑想を続けていくことで、私自身、自分の思考を今までよりだいぶ、第3者の目で観ることができるようになってきました。これができるようになる=自分の“思考”を客観的に観ることができる、ので、自分の繰り返している、機能していなかったり、真実ではない思考パターンを見つけやすくなります♪


では今日の本題。

先日バス停でバスを待っていた時のこと。私の内なる男性と女性が会話をし始めました。女性側がちょっと不満気味。男性に対して、条件を出して、「こうだったらこれをしてあげる」というような話を始めました。

無条件の愛ではないな、と気づき、「相思相愛」という言葉が浮かんで来ました。

私は相思相愛のパートナーシップを望んでいるけれども、内なる男女はそうなのだろうか、と。

まずは自分からですからね♪


なので、自分の潜在意識に尋ねて見ました。

「私は相思相愛だ」違う。


さっそく変換をしました。


そして、このブログを書くにあたり、「私は相思相愛になれない」、「私は相思相愛にならない」も出て来たので、これらも聞いてみました。


「私は相思相愛になれない」はい、なれない。

「私は相思相愛にならない」はい、ならない。


自分の中で、納得です。

だから、今までの自分の恋愛はそういうパターンだったのね〜、と。


恋愛関係だけをリレーションシップというのではありません。お友達や仕事の仲間、親兄弟関係もリレーションシップです。


相思相愛でないところがあるから学びがあるのですが、自分が関わる人、物、全てと相思相愛であると、どんな世界になるのでしょうか。


余裕がある、ゆったりとした、暖かなエネルギーが感じられます。


4月いっぱいは、イシリスのセッションのキャンペーンを行なっています。

ぜひ、この機会にどうぞ。


Blessings 💕

Sono

あなたが変わり目覚めれば世界が花開く

Yogi Healer Guide Sono 💕

0コメント

  • 1000 / 1000