ミラクル話の続き

こんにちは。

ヒーラー・ホリスティックセラピスト・ヨギのSonoです。


前回のブログ、散歩に行った帰り道、携帯屋さんに聞きたいことがあったので、億劫だったのですが、立ち寄ることにしました。ビルの中にあったので、エスカレーターで5階まで上がり、お店に入りました。見えて来たのは、座っている男性2人。

私の中で、ちょこっとだけ、「あ、男性だ」という反応😅

まだありましたが(長年にわたって染み付いた癖ですね〜)、でも、思い切って近寄ってみました。

どうしましたか?と聞かれたので、


「OOです。お店での対応もできると書いてあったので来ました。」

と答えました。


すると、若い方のお兄さん、スッと立ち上がり、私のところに近づきました。


そして、私は携帯を手にしていたので、実際に、私が疑問に思っているところ、隣にペタッと張り付いたような距離で一緒にどうなっているのかを見てくれ、話始めました。結局は、そのお店では対応できないことが分かったのですが、私にとっては衝撃的な数分間でした。

というのも、

私が数分間を一緒に過ごしたのは、見た目で言うと、ホスト系😂、耳にピアスをしている若い男性(20代後半くらいでしょうか)だったからです。

彼が、私の隣にピタッとくっつくかのような距離で話をした、という。そんな経験、ありません😂しかも、彼はとても気さくで、変に敬語を使われるということもありませんでした。


お店を出てからも、あの距離の近さに驚いていた私。ちなみに、“いやだ”、という思いは1ミリもなく、その逆もありませんでした。ニュートラルでした。そして、相手は、聞いてはいませんが、なんとも思っていなかったと思います。それが彼にとってのあたり前と思うので(笑)。私が出来事に対してどう反応するか、だけです。


で、分析好きな私は、なんでそれが起こったのだろうか、分析しました(笑)。一つ思ったのが、お店に入る前の散歩中、偶然出会った神社に立ち寄りお参りをしたり、本を読んで、ゆっくりとした時間を過ごしていました。その時の環境は、目の前に太陽を見ながら、太陽の光を浴び、マグノリアや梅の花たちからのエネルギーもたっぷりと受け取ったりという。自然のエネルギーで満たされていた私。


自然のエネルギーをたっぷりといただき、そんな状態で人間的な思考活動はお休みしていました。なので、距離をおかなければ、距離が近い、とか、頭で考えることもなかったから、同じような波動の彼がスッと近くに入って来たのだろうか、と(笑)。


そして、今日。再び一人で「振り返り」をすることに。それくらい私にとっては衝撃的な出来事でした(笑)。

まず、彼がどんな存在だったのか、ということを書き出してみました。

そこに出てきたのが、


「優しく寄り添って、ペタッと近寄って、でも、ベタベタでなく、

さっぱりと、明晰性があり、

“絶妙な距離感”を保つ、素晴らしいバランス感覚を持っている、心の美しい人。

自分の仕事(役割)に徹している、自ら動いて来てくれる。」


はい、写し鏡✨

自分にあることしか見えません〜。

私もそうなんだ〜〜、と思ったら、

“さいこー☺️🙌💕”と思いました💕


家に帰り、友達から“一期一会”というメッセージが来ていました。

本当にそうだ🌼

とっても濃密な時間、

最高の出会いをありがとうございました🙏

意識の使い方ワークショップ、潜在意識を書き換えるセッションは、こちらより問合せください。


そういえば、この出来事と同じ日の早い時間、「自然体ではない、自然体になれない」、という潜在意識も変換していたなあ、と。これ、もうなくなったよ〜、と、それを見せていただけたのでしょうか。


今日も素敵な1日を。


Love Love Love 💕


Sono

あなたが変わり目覚めれば世界が花開く

Body Mind Soul Healing 💕生命力高く、今ここ、喜びを生きる

0コメント

  • 1000 / 1000