過去生がらみの症状、dis-ease Part 2

こんにちは♪

“人生の迷子” から “人生のクリエイター” へシフト!
ヒーラー / ホリスティックセラピスト

バンクーバーよりラブレター💌を発信中、Sonoです♪


さて、この夏に起こった出来事についての振り返り、ということで、パート2です。


パート1では、ドリアンを食べて、腸が動き、頭の中が動いた、と言う話をしたのですが、その後、何が起こったのかと言うと、


顔に湿疹が出ました。

出始めの時の湿疹の状態は写真におさめていなかったのですが、こちらは湿疹が出てきてから約1ヶ月後の状態。

両ほっぺ、赤くなっています。

顔に出ている症状が体内のどこと関連しているかは、ネット上でもすぐに調べることはできますが、両側の口の脇、腸を表します。

ちゃんとリンクしているなあ、と思いました。

ちなみに、ここのレストラン☕️は、バンクーバー島のビクトリアにあるNourish。ビクトリアで美味しくて雰囲気のいいレストランと言うと、ここの名前はよく出てきます。週末は、ブランチのために、多くの人が訪れるため、行列ができているのをよく見かけます。オーガニックで、ローカルの素材を意識しているレストラン。2階は勉強したい人たちのための空間となっています(ただくつろぐだけでもいいのですが)。ビクトリアに住んでいた時には、ここをオフィスとしてよく活用していました✨


話は戻り。。。

この“顔に湿疹”は、実は2回目のこと。初めて出たのは、かれこれ13−14年程前。2回目なので、「また出たな」と思い、焦ることはありませんでした。どうして、今なのだろう?と言う思いはありましたが。。その時は自然療法を用いて、少し長かったのですが半年ほどかかりました。

ということで、この湿疹。前回とは質は異なっていましたが、何をしたかと言うと、まずは前回学んだことを再度行うことに!肌が乾燥しないように、そして皮膚再生のため、オイルを塗ってケアし(使用したのはWOTEのローズヒップオイルとテリハボクオイル)、腸内細菌、腸内環境を整えるために、プロバイオティックスと消化酵素のサプリを少し多めに摂取し始めました。

同時に面白かったのが、食欲が全くなくなったと言うことです。「腸がしっかりとヒーリングしたいのだな」と言うことでそこは無理せずに、食べたくないのだから、あまり食べませんでした。空腹感も感じなかったので、特に苦ではありませんでした。

そして、自分なりにケアをして過ごしていた日々。

私のパートナーは私のこの湿疹がとても心配で、何かしてあげたいという気持ちから、これを試してみたら?あれを試してみたら?と言ってきました。

でも、私の身体からは筋肉反射により「必要ない」と言っているものばかり。。。お断りしました。

そうしたならば、彼の日頃の私に対する不満、私が彼に対してオープンさがない!と言い放ち、彼は日毎いらいらを募らせて行っていました。

私は、こんな時だからこそ、自分の体の声、私自身の感覚を大切にしたかった。

しかも、顔に塗布するもの。何でも言い訳ではない。今の自分には必要ないもの。だから断った。それだけ(後日、その勧められたクリームを、パッケージから、中身から、匂いも嗅いで改めて観察してみたけど、やっぱり、私にはそのクリームは必要ないものでした。匂いを嗅いで、めまいが起こりましたよ(これは私にとって合わないと言うサインの一つ)。身体はわ分かっているなあ、と改めてと思いました)。

そして、私自身はケアを続ける中、全てはパーフェクト、大丈夫であるのに、あとどれくらいかかるかしら〜、後もう少しで運転免許の書き換えもあって写真撮影もある(笑)!などど、ちょっとした不安もちらり、と見えてきはじめました。

さて、どうなる?


もう一つ追加で、今回の湿疹が前回と違うと言うことですが、ものすごく“熱い”と言うこと。

「火傷みたいだなあ」と心の中で呟いていました。確かに、赤かったし、痒みも時間によっては出てきていました。


そして、この「火傷みたい」と言うつぶやき、後ほどあることとリンクしていることが判明。

続く。


自分にとって、何が大切かを見極めること、自分の感覚、直観を信じること、そして、このプロセスを信じること、とてもいい機会、時間となりました。


✨✨✨✨✨✨✨✨✨

お問い合わせ

ヒーラー / ホリスティックセラピスト
リトリートツアーコーディネーター・イベントオーガナイザー Sono Ray

オーガニック、ベジ、グルテンフリー、デリシャス、ヒーリングごはんも作っています。

❤️

I am magical. I am miracle.

0コメント

  • 1000 / 1000